忍者ブログ


しあわせでありますように。
お釈迦さまは極めて合理的なお考えでしたので、

今現在の吉凶禍福は、過去の行為が原因となっての結果であるから、その根本原因を取り除くことに関心を向けるべき、という立場で、

古くからある祈祷や呪術はあまり重んじませんでした。


密教では、加持祈祷を悟りに向かう大切な修法としています。

加持と祈祷は本来別なものですが、

仏の智慧と慈悲が衆生に伝わるのが「加」、

衆生がこれを受け取ることが「持」

祈祷は仏の力が信者に加わり、信者がその力を持続するもの。


密教は、大日如来(自他の心中)の悟りを開発することが目的で、

そのための修法のひとつに加持祈祷があります。


毎朝、ご本尊さんの供養と一緒に加持祈祷をしています。

出張が多いので、外出先でも拝めるような次第を作り、寅の刻に拝んでいます。

なぜ拝むのか、といえば、

頼まれているからなのですが、そうでなくても、有縁無縁の命を拝むことで僕自身が救われるから。

誰かのことを気にしていれば、その人と心安くなる。

大日如来やお不動さんを拝んでいれば、血が通う。

入我我入と言います。

拝まなければ忘れてしまうようなこともあるし、忘れれば願いは叶わない。


祈祷祈願の目的には、現世利益と無上菩提(さとり)があります。

病気や災難を止息させる。これは心中の煩悩を除くこと。
 
財宝を増し、栄達を得る。これは心の福智を増進させること。

怨敵悪魔を降伏させる。これは迷いや無知を降伏させること。

みなに愛される。これは慈悲の心を大きくすること。


僕らは、

自分自身の弱さを感じたときに、神仏や宇宙や自然の大きさに促されて祈願します。

その祈願によって、自他の生命は伸び、広がる。


自他がしあわせであれ、と拝むことによって、悟りに至る道を知れば、

ものの見かたが豊かになり、利益は長持ちします。


『声字実相義』には

「悟りの象徴である仏の身体と言葉と心は、

宇宙全体に広がって常恒である」

とあり、

『大日経開題』には、
 
「因縁は各人各別であるが、(自心の中にある)仏の大きな智慧は一瞬にそれをみきわめ、個々人にもっとも適応した働きかけをし、これを抜救すること自在である」

とあります。


自他のしあわせを願えば、心が晴れ、広く開けます。

そうすれば何もかもが懐かしく、いとおしい。



______________________________

※「ナトリウムが陽性でカリウムが陰性というのは本当だろうか?」
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/XaUA3pXVums

_______________________________


※『望診法講義録 人相編 附 密教ヨーガ』 A5版106頁モノクロ 



 


 

 
お気持ちがありましたら、どうぞお求めください。

ご希望のかたはメール、またはFAXで、

1、送り先住所

2、お名前

3、冊数

をご連絡ください。

こちらからお送りします。



・穀菜食の舎会員価格 1000円  (一般 2000円)
・送料         180円  (3冊まで同額)

お支払い方法は振込み案内を同封します。

よろしくお願いいたします。


●眞天庵・穀菜食の舎  須永 晃仁

メール:gbqmk185@ybb.ne.jp

FAX:0285-35-4901


PR


[ 2016/05/12 11:27 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 檀那さん  |  ホーム  |  窓を開けて風を入れよう。 >>