忍者ブログ


しあわせはどこにある?
お大師さんの『般若心経秘鍵』に、

それ仏法はるかにあらず、心中にしてすなわち近し。真如外にあらず、身を棄てていずくんか求めん。迷悟われに在れば発心すればすなわち到る。明暗他にあらざれば信修すればたちまちに証す。

という文がございます。

悟りと言うものは、どこか遠くにあるのではなくて、自分の心の中に、すぐ近くにあるんですよ。

だからね、今すぐにでも、そこを目指して修行を始めなさい。始めさえすれば到達できますし、悟りも迷いもあなた次第ですよ。



迷いが多いから悟りも多いのですが、悟りというのは簡単に言えば「しあわせ」と言うことです。

悟りもしあわせも、名詞ではなくて動詞なんです。しあわせになる。


行住坐臥すべてが悟りのためにあるのですが、人はしあわせになるために仕事をし、遊び、病を治し、戦い、投票し、ご飯を食べます。

しあわせになるために考え、迷い、記憶します。

僕はそう考えています。



例えば、

貧乏はしあわせにはならない、不幸であると考える人がいる。

いやいや、貧乏でも家族が仲良くしていればしあわせだと感じる人もいる。


政権を取らなければ不幸であると考えたり、そんなもの無くても、地元の人の役に立てばしあわせだとと思う人もいる。




家族が流されてひとりぼっちになった人がいる。


自分を助けに来てくれて流された人がいる。自分だけ助かってしまった、と感じてしまう。

あの日あの時発電所で働いていた人がいる。大きな恐怖の中で。

その人たちもしあわせになれるように、と拝んでいる人も大勢いる。小さな小さな力だけれど、いつかしあわせになるように、と。



お釈迦さまもそうだったのだけれど、自分ひとりで凛としてしあわせにはなれないものです。なぜなら、しあわせも苦しみも伝染するから。




しあわせは自分の内にあるものだけれど、それはある程度の精進工夫をしないと見ることができない。味わうこともできない。


みじん切りがみじんでなく、薄切りが薄くない人と、

細心の注意を払っていないことと、

陽性過多と、

人間関係の不満と、

治らない病気とは、みな同じ状態です。

何かがちょっと足らない。


僕は自他共に、しあわせになるために料理をして、しあわせになるために食べますが、そう思うことを忘れないようにする、そうすることが習慣になる、というのがただ今の気持ちでございます。

 
PR


[ 2012/12/19 05:16 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 少しづつゆっくりとしあわせになろう  |  ホーム  |  ちょっとした話 >>