忍者ブログ


どうしようかな
先日、恵比寿の「癒楽」に伺いまして、なんとも素敵な治療院でした。
http://www.yuuraku.net/ 

お暇した後、

どうしようかなあ、

と思ってしばらく歩いていたら、知人に会って得した気分になりました。


どうしようかなあ?

と思う時が人生にはたびたびありまして、どうでも良いようなことが大半ではありますが、時には人生の分かれ道になるような、

どうしようかなあ

もあります。


スライスした豆腐が残ったので、

どうしようかなあ

となりに野菜の繊切りがあったので、その豆腐と混ぜ、地粉パン粉をつけて焼きました。

これはこれでちょっとしたものになります。






僕は最近、こんにゃくは洗うだけで、そのほかの下処理はしません。

水洗いしたこんにゃくを炒め、昆布を繊に切って加え、醤油と水を半々に割ったものを一気に加えて煮染めます。

これでこんにゃくの味と風味が出ますが、どうしようかなあ、なんて思っている暇はない。






炒り玄米が古くなったので炒りなおして炊き、ジャガイモ、大根、玉ねぎ、にんじん、エノキのみじんと炊いて魔法のスープ。厚揚げも入れて炊き、それで夕飯、一献。



これもいろいろ考えている暇は無く、鍋にお任せした料理。



それはさておき、

僕らは六つの感覚器官をもっています。

眼耳鼻舌身意の六つ これを仏教では六根(ろっこん)といます。

これらの対象となるのが六境(ろっきょう)

色声香味触法の六つ。

で、これらは空である、なんて般若心経などで説かれていますが、まあそれはさておき、これらの感覚が脳へ伝わり、僕らは快不快を感じます。

たとえば大根があります。

大根を眼で見る。

すりおろす音を聞く

大根のにおいを嗅ぐ

食べて味わう

触って感触を知る

これらはただ感じているだけ。見てるだけ。聞こえるだけ。

五根(五感)だけなら、どうしようかなあ、なんてことにはならない。

問題は意識、法境ですね。 これが、どうしようかなあ、を生む。


眼で見てそれを「大根だ」

食べて「大根だ」

触って「大根だ」

と認識するのが意識=法なんですが、これがやっかいなんですね。

形や味や感触そのものを感じるのと、それを大根だと認識するのとでは大きな違いがあります。

大根なら大根、これはこれ、なんて認識を固定化する、つまり「空でない」としていると、執着、迷い、苦しみ、悩み、慢心、疑い、人間関係の不和などの元になります。

ではどうすればよいのか。

意識そのものも空である、と悟ることができれば良いのですが、その余裕がないうちは、

感覚が心地良くなるように六境を調え、脳への刺激をストレスの無いようにすれば、心も平安になります。

そして、

どうしようかなあ、なんて思った時も、他が心地良くなり、自らを先にしないようにすればいい

と、僕らは教わりました。

なかなか難しいのだけれど。



____________________________________

※穀菜食の舎会員ページ

○豆腐の料理
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/TDEbKf0zuO0


○アトピーの料理メニュー 夏の基本編
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/3S5VELoaYsM









PR


[ 2014/07/04 14:35 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 胡桃豆腐  |  ホーム  |  今日の精進料理 >>