忍者ブログ


今日の精進料理
3日前の玄米ご飯と、少し傷みかけた玉ねぎがあったので、フライパンで炒める。

これも古くなったから使って。

と母がずいぶん前のエリンギを出してきたので、それも刻んで加える。

火が通ったら豆腐を崩して加え、今朝の味噌汁が残っていたので、それも足して蒸し煮。

コショウとラー油で調え、お皿に盛ってピーマン塩を振る。

ピーマン塩についてはこちらもご覧ください。⇒ http://sorayakan.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

たくさん作ったのに、父がほとんど食べてしまった。


これが無いとあれができない、という発想が精進料理にはありません。何でもいい。

こと食べ物に限らない。精進とはそういうことです。


さて、

7月になりました。日差しが強くなりましたね。

7日の七夕には初物の野菜を供え、15日のお盆には餓鬼のためにも刻んだ野菜を供えます。

お供えは故人先祖のためはもちろん、それを供える人の心を調えます。その調った心が最大の供養になる。
 

暑さと湿気で食べ物が傷みやすい時期です。

酸味:酢、梅干し、かんきつ類
辛味:香辛料、ネギ類、大根おろし
香りの強い野菜:ネギ類、生姜、ニンニクなど

が殺菌とお腹を助け、代謝を促します。それが夏の味。

暑中どうかお大事にお過ごしください。



PR


[ 2014/07/01 10:56 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< どうしようかな  |  ホーム  |  眞天庵・穀菜食の舎 出張メニュー >>