忍者ブログ


なす味噌
ナスはカリウムの量がトマトやキュウリとほぼ同じですが、トマトとキュウリには少しのナトリウムがあるけれど、ナスにはほとんどありません。色は紫。

ナスはかように陰性が強いので、黒焼きのように陽性に作ると、虫歯や口内炎など身体の陰性な部分の陰性症状に効きます。

で、

陰性なナスは陽性な味噌で、焦げ目をつけて陽性に仕上げるとうまい。

身体の陽性毒を溶かしながら、お腹を温める料理法です。

 


(4人分量)
ナス  5本  乱切り
ピーマン3個  乱切り
麦みそ 大さじ2
ごま油 大さじ2
白ごま 少々



1、 鍋にごま油を温め、ナスを入れて強火で鍋を揺らして油を吸わせ、ふたをして中火から強火にします。


2、 ナスに焦げ目がついたらピーマンを入れ、鍋を揺らして1~2分炒めます。




3、麦みそを加え、ふたをして蒸し焼きにします。



4、 ナスがしんなりしたら強火で炒めて仕上げます。 なべ底のおこげもこそぎ取るように混ぜます。




5、 器に盛り、白ごまを振ります。   お好みで唐辛子やワサビを。


※材料費

今回は自家菜園の野菜なのでタダですが、買うとしたら 

ナス  5本   200円
ピーマン3個   84円
立科麦みそ      28円
竹本太白ごま油    36円

合計      348円



※「炒り玄米を使った精進料理レシピ1」(試供版)
https://drive.google.com/file/d/0B3kBmho9B7ckQ0w0UUZ1UnJVdUk/view?usp=sharing



PR


[ 2014/10/10 16:27 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 恋  |  ホーム  |  白なす >>