忍者ブログ


なんにもしない
パーティーか宴会か、

なんだか大勢の人が出てくる夢をみた。


こういう夢は、

脂肪が代謝されていない時、

腎膀胱系、脾臓膵臓胃、所謂お腹が疲れている時に見る。

それらの不調は、

フノリをよく溶かした野菜スープ、ジャガイモ、納豆、トロトロに炊いたエノキなどで改善する。

そして、

胃腸は穀物がもっとも滋養になるので、

ご飯やうどんと一緒に食べるのがよろしい。



それはさておき、

オフィスビルの階段下、

喫煙所になっている場所で、数人のサラリーマンが休憩していた。

みな、スマートフォンをいじっている。

昔、僕がサラリーマンだったころ、

休憩時間(という決まった時間は無かったけれど)には何をしていたのだろうか。

 タバコを吸う、

コ-ヒーを飲む、

誰かと話をする。

でも、ほんどは何もしなかったように思う。ただ、ボーっとしていた。


小学生のころ、
 
親から留守番を言いつかり、友だちも遊びに来ない時、

何をしていたのだろうか。

本を読んだり、

おやつを食べたり、

でも、ほとんどの時間は何もしていなかったように思う。


ある夏休みの一日、

前日夜遊びして、ほぼ半日寝てから起きだした息子が、

ご飯を食べてまた寝た。

夕方起きてから、

今日は何もしていないなあ、

と言う。


何もしない、というのは今や貴重である。

みな、何かしている。


何もしないとき、

心寂静な三昧が訪れる可能性は高い。 


フランス文学者で昆虫博士の奥本大三郎が、

『虫のゐどころ』のなかで、

「今の世に最もありがたいものは、きれいな水と静けさと上品な言葉遣いである」

と書いている。


これは、

鋭敏で繊細であること。


何もしないとき、

心はそうなることがある。


なあんにもしないで、

何か思い浮かんでも放っておく。

妄想も空想もそのままにして、執著から離れる。
 
感想意見を持たず、そのままにしておけば、

心身は良い(清浄な)方向へ自然と向かう。

なぜなら 、それが本性だから。


自性清浄心は本性であり、それが菩提心であり、本不生際(真如)である。


身体の不調も、

なにもしないで寝ているほうが良いことも多い。


PR


[ 2018/09/22 09:47 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ファンタジー  |  ホーム  |  under control >>