忍者ブログ


まぁ、一緒に。
お大師さんの『十住心論』に、


地獄と天界、煩悩と悟り、迷いと涅槃、両辺と真ん中、空と有、偏りと中心・・・。

など、みなこれ自分の中にある仏の名前である。

どちらを取って、どちらかを捨てる、というようなことでは無い。


とあるように、

大乗仏教、特に密教は、

ふたつにわけてどちらかを選ぶ、

それも、より早く判断して選ぶ、

ということを嫌う傾向があります。本来ひとつのものなんだから。


日常生活でもありますね。

あなたと私、あなたの意見と私の意見、ふたつにわかれる。

でも、どちらかを選んでどちらかを捨てる、ということではなく、

まあ、いろいろあるけれど、なんとか一緒にやろうよ、

というようなことが大切かもしれない。

 

人間はケンカをする生き物です。話が合う、ということは滅多にない。

でも、

それはそれで、あんたと私の考えは違うけれど、

向いている方向は違うけれど、

まあ、それはそれとして、とにかく一緒に拝もうじゃないか。

という人間の調和とか心の融合が、本来の供養や祈祷の宗教行為です。

いろいろと相手の欠点を指摘せずに、

あなたはあなたのままで良いから、まあ、一緒に拝みましょうよ、と。


たとえば、

僕は毎朝5時前から拝んでいます。

明日もいつものように世界の平安を拝みますから、

あなたも一緒に拝みましょう。20分くらいでいいから。

もし、みんなが拝んでいたら、

その時、世界は平和な浄土に、極楽に、天国になるでしょう。
 
どうですか、

明日の朝、一緒にお拝みませんか。

キリスト教の人もイスラムの人も、新しい宗教の人も。


一緒にご飯を食べたり、一緒にお風呂に入ったり、一緒に寝たり、一緒に拝んだりすると、

ずいぶんと人は分かり和えるものです。





PR


[ 2015/12/18 17:19 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< お正月の話  |  ホーム  |  柚子 >>