忍者ブログ


アレに効く
新生児に飲ませるK2シロップは、陰陽で見るとどうなの?

と聞かれまして、

1989年に乳児ビタミンK欠乏性出血症予防策で、それを飲むとよろしい、と厚生省が提示したようですね。  

ビタミンKは溶脂性なので比較的陽性で、陰性な野菜海藻納豆に含まれています。


指先が硬く割れているのは陰陽で見ると?

と聞かれまして、

硬くなる、というのは陽性過多です。

そういう時は陰性な生姜油や、それに代わるものがいろいろあります。

市販の薬は基本的に陰性なので効果があるでしょうが、

僕は時々、マムシ油や熊の脂を使っています。これが意外におもしろい。

油だから陰性。 常温で固まっていますから、ごま油などよりは陽性。

熊の体温は38度くらいなので、ヒトの脂肪より陽性です。当たり前ですが。


田舎では、スズメバチやマムシの焼酎漬けがポピュラーです。

それらにある溶血性の毒はずいぶんと陰性なので、陰性なアルコールに漬けておけば、陽性になるかな。

昔は陰性な症状が多かったから需要があったのでしょうね。

あの類を勧める人は、

アレに良く効くよ

と嬉しそうに言う人が多い。

比較的陽性なら、飲むより外用したほうが効きそうだけれど。





PR


[ 2017/02/03 07:49 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 所願成就  |  ホーム  |  穢れはどこにあるのか >>