忍者ブログ


オムニバス
平成26年度から18歳以下の2回目の内部被ばく検査を実施しており、検査希望者は申し込みを、

という連絡が郡山市からあり、次男を連れて郡山保健所内放射線健康管理センターへ。

第一回目は中学校在学時で、遠足のように茨城の日本原子力開発機構まで行った。

もちろん、放射性セシウムは検出されず、この検査に意味があるのか、

お金の使いかたとしてどうなのか、
などと感じることはありますが、今後同じような事故が起きた時の参考になれば良いです。

それよりも、

どのようなしくみで放射性物質の存在を確認するのか、その精度や校正はどうなのか、ということにはとても興味があります。








食事中に箸を持ったままの人に箸置きは要らないだろうけれど、箸袋で箸置きを作ることもできる。




箸を持ったままの人は胃腸が悪い。







てんぷらには

浅漬け、なます、大根おろし


これくらい添えれば油の害はなく、その上おいしく食べることができます。









毎年クリスマスにはお餅を搗きます。
白いもち米で鏡餅をこしらえ、
白米に炊いた炒り玄米を混ぜてのし餅。

普通の玄米餅より香りがよく、作るのが簡単で、お腹によろしい。



もち米はうるち米よりタンパク質が多いので陰性。
それを蒸して、搗いて、焼いて食べれば、陽性が重なるので、白米のご飯より陽性になります。
でも元々が陰性なので、内臓をゆるめ、肌を潤し、緊張を解きます。
PR


[ 2014/12/26 08:32 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 新幹線の車窓から富士山をきれいに撮る。  |  ホーム  |  イヴの肖像 >>