忍者ブログ


キュウリのサンドイッチ
畑のキュウリに手を加え、ネットを張る。

いよいよ胡瓜の季節が来る。

タケノコもそうだけれど、

キュウリは旬と新鮮さがいのちである。

季節はずれの、しかも収穫して時間が経ったものはうまくない。

高級すし屋にもカッパ巻があるのかどうかは知らないけれど、

そこでのキュウリは、魚と同じように旬で新鮮なのだろうか。


阿川 弘之の『食味風々録』に、

バッキンガム宮殿で開かれる園遊会で、

格別珍重されるのが胡瓜のサンドイッチ 。

あちらでは古来、胡瓜は高級品貴重品

栄養の上、品位の上で最も優雅な上流社会の風俗

とある。



トーストして味噌漬けの豆腐を塗り、

胡瓜を載せる。



東海林さだお の『タクアンの丸かじり』にも、

サンドイッチの話があり、おもしろい。


PR


[ 2018/05/12 06:52 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 直住月宮  |  ホーム  |  自利と利他 >>