忍者ブログ


ナポリタンと乳粥
先々月30日は地震で新幹線が止まり、

先月30日は放火で止まり、

今月30日は僕が豊橋まで乗る予定。

お加持しよっと。





イタリアの前大統領はジョルジョ・ナポリターノ氏。

きっと

パスタ姫とペンネ王子とモッツァレラ伯爵もいるね。

と娘。

臣下には悪徳政治家ゴルゴンゾーラがいるわよ、きっと。

と妻が言う。



これはご馳走になったナポリタン




これは僕が作った夏のパスタ。

高校卒業後上京したら、

チャーハンやスパゲッティをおかずにご飯を食べるヤツがいて、

素晴らしいと思った。

さらに、

学食でナポリタンに牛乳をかけて、

これをクリームシチューと言うのだ。

という田舎者もいた。



密教行者が秘法を修する際に摂る飯を三白食と称し、『大宝楼閣経』や『十一面神呪心経』には、

粳米、乳、酪を混ぜたもの

とあります。


乳粥で有名なのは村長の娘・スジャータ

彼女は自分にふさわしい結婚をして男の子を産む、という秘めた願いがかなったので、上等の粥を作って神に捧げることにします。


まず一千頭の牝牛を選んで放牧し、その乳を五百頭の牝牛に飲ませ、次にその半数の牝牛を選んで乳を飲ませ、と次第に濃い乳を作り、

最後に十六頭の牝牛を選んで八頭の牝牛に飲ませます。

春の満月の日早朝、その乳で粥を煮ます。

乳は煮立つと泡が右にまわり、一滴も外にこぼれない、

というめでたい徴候を見せます。


お釈迦さまはその時、ニグローダの樹下に坐り、瞑想をしていました。

その身体からは光明が放たれ、樹全体が金色に輝いていました。

それを見たスジャータは、神が樹から降りてきていると思い、黄金の器に入れた乳粥をお釈迦さまにささげます。

それを受け取ったお釈迦さまは、ネーランジャラー河で水浴をして6年の苦行を終え、

その粥を召し上がってから、菩提の座につき、ブッダとなられました。


中学の同級生から、

飲み会をするから出ておいで。40年ぶりに会えるよ

とメール。

そういえば中学の時、弁当箱のご飯に牛乳をかけて食べているヤツもいた。

あいつもあの後、目覚めたのだろうな。


PR


[ 2015/07/03 07:33 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 14-1、悟りへのプロセス  |  ホーム  |  14、回向 >>