忍者ブログ


ヌルヌル信仰
朝に味噌汁が効果的な理由は、

温かさと塩気とたんぱく質の陽性が胃の蠕動を促すから。

何でも具になる味噌汁だけれど、

なめこ、シメジ、エノキ、ネギ、サトイモ、豆腐など、

ヌルヌルしたり、ヌルヌルにできるものがうまい。

それらは陰性なので、陽性な味噌に合う、ということ。

ヌルヌルはアクの一種であり、成分はマグネシウム。

マグネシウムは身体に必要な元素だけれど、

陰陽で見れば中間の元素。


そして、

マグネシウムとカルシウムは、

陽性なナトリウムと陰性なカリウムの関係と同じ働きをする。

でも、その陰陽差は小さいから、判断が難しいかな。


マグネシウムは体内でアルカリを作る元素で、カルシウムとリンとに深く関わる。

また、

マグネシウムは色欲と関係がありそうで、

精子を放出させるためにはマグネシウムが必要。要するに強精剤ですな。

だから、

助平はヌルヌルを好むかもしれない。

体内では、

マグネシウムが増えるとリンも増加する。

リンとカルシウムは逆相関関係なので、

リンが増えればカルシウムが減り、身体は酸性化する。
(カルシウムと比べて、リンの比率が高いほど身体を酸性にするけれど、
もちろん、酸アルカリで酸性になるということではない)

このリンとカルシムは両方とも陰性なので、これだけでは健康につながらない。

陽性なナトリウム、炭素、水素が必要(つまり、塩気、カロリー(火)、水)

なので、

ヌルヌルが多いと身体が酸化して力が出るけれど、

カルシウムと一緒に摂らなければ細胞が老化する。

玄米菜食者に肌が汚れて身体が硬い(つまり老化している)傾向があるのは、
 
玄米にはマグネシウムが多く、

副食にカルシウムが少ないからだろうな。


いずれにしても、

マグネシウムの多いもの(アクのあるもの)はうまいのである。



PR


[ 2017/07/15 07:27 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< あの国は大丈夫なのだろうか  |  ホーム  |  停電時に役立つもの >>