忍者ブログ


三平等
今の暦とは違うのですが、

承和2年(835年)3月21日寅の刻、

お大師さんは高野山奥の院にご入定なされました。享年62。

そして、今も衆生済度のために拝んでいる、

というのが大師信仰。


拝むのに大切なのが「三平等」

仏と衆生と自分が平等である、

と観想して拝みます。

または、

仏の行為と言葉と想いが、自分のそれと同じであるように、と拝みます。

そうでなければ、ただの妄想になってしまう。

護摩では、

護摩の爐と本尊さんと行者が平等と観じて修法します。

そうでなければ、ただの焚き火になってしまう。



本来清浄な心と、そうは言ってもなかなかそうはいかない今の自分と、すべての人の心と、

本来平等平等、同じなんだ、と。

本来平等である間の、ちょっとした隙間が無くなれば、平安と安心の毎日になります。



ところで、

昨日のお昼は、東松島の海苔うどん
http://okumatsushima-kanko.jp/food/



冷たく締めて、熱い出汁を張りました。

これ、とてもうまい。被災地の食堂でも人気です。



夜は、

鍋に大根繊切りとエノキを敷いて、がんもどきを上に置き、大根とエノキの水分で炊いた煮合わせ。


乾燥した毎日の、

陽性なものの排毒によろしい。 











PR


[ 2016/03/21 06:18 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 神さまと仏さま 1  |  ホーム  |  おひたし >>