忍者ブログ


包まれる音声
文字は意味伝達の記号なのだけれど、

文字によって如来は説法する、

というのが密教の立場です。

『声字実相義』には、

書き言葉、話言葉はもちろん、

形も色も匂いも、文字のひとつとして

すべてが如来の説法としています。

つまり、

あらゆるところ、すべての環境がそうである、と。

 
文字には、

論理的な解釈と、感情的なシンボルとしての部分があります。

真言は、

そのシンボル的な部分を、宗教的直観で得るものです。


真言は、サンスクリット語・マントラの訳語ですが、 

動詞「man」は、思考する

接尾語「tra」は、器、道具

の意味です。


ですから、

真言は唱えるだけのものではない。


化学式や数学の方程式を知らない人にとって、

それらを使うことはできません。

同じように真言の使いかたを知らない人にとっては、

真言は無用の長物で、唱えても何も生み出さず、時間の浪費であり、

錯覚や妄想のもとになるかもしれません。

 H₂OやCO₂を唱えても、、

水や二酸化炭素はできないのと同じです。


真言自体に不思議な力があるわけではなく、

意味を考え、正しく唱えることで、その人の心や意識が変わります。

ロックなどの洋楽を聴くと、

言葉の意味が分からなくても、メロディなどで感動することがありますが、

論理的な理由のない感情を引き出すことは、

真言にもあります。

しかし、

それも正しく唱えないと、妄想につながり、心を傷める可能性があります。


世界はすべて如来の説法ですが、

それを体験できるように準備をし、

知らないことを知るようにしなければそれはわからない。


『秘鍵』に、

翳眼の衆生は盲いて見えず 

とありますが、

日常すべての言葉、文字は、

勉強して意味を理解して、

正しく使うことが、

良い効果を生み出すでしょう。


僕らは、

音、声、言葉、文字、つまり如来に包まれている。


PR


[ 2019/06/28 06:28 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 夢は過去の再生  |  ホーム  |  嬉しい、楽しいと思ったことがない >>