忍者ブログ


化学反応
料理で味が変化する

鍋の中の野菜が硬くなる、やわらかくなる

それを食べて消化、吸収される

造血、溶血 する。

健康になる、病気になる。

生きる、死ぬ

それらすべて化学変化であって、何か不思議なことが起こっているわけではありません。

分量、時間、温度、圧力、触媒・・・、

いろいろな条件で化学反応は変化します。ほんの小さなことで変わる。

 

人と話をしていて、ちょっと噛み合わないなあ、ということがありますが、

放射性物質と放射線の区別ができていないこともよくあります。

セシウムなどの放射性物質はモノ、放射線はそこから出る電磁波でモノではない。

太陽と光のようなもの。

ニュースでご存知の通り、

「放射性物質を含む「指定廃棄物」の最終処分場の建設を巡り、栃木県内の候補地となっている塩谷町は指定廃棄物を福島県内でまとめて処理すべきだという提案をまとめました。」

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141106/k10013001781000.html


いろいろな考えかたがあるのは当然ですが、どうなのでしょうね。

処分場は山の中の国有地、というのがどうなのか。


僕は5月に福島から栃木に転居して、不要になった福島ナンバーの車を売ろうとしたら、

福島ナンバーでは売れないから栃木ナンバーに変えるように言われました。


福島ナンバーの車が嫌われるなら、福島で暮らしてきた僕も嫌われるのだろうか。


九州では、再稼動合意なんてニュースが流れています。 


僕がいた福島は

僕らの痛みは

何だったのだろうか。


その痛みは今もあります。


そういう脳の思考も、ニューロン、シナプス、神経伝達物質といったものの単なる化学反応に過ぎない。

その反応は、何を食べているか、どう呼吸しているか、どのような言葉を発し、どんな生活をしているかで変わります。







PR


[ 2014/11/08 06:36 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 正座の背中  |  ホーム  |  木守柿 >>