忍者ブログ


合掌平安
ピーナッツペーストが余っていたので、吉野葛と溶かして落花生豆腐



葛の料理が合う季節になりました。お腹が冷える梅雨時によろしい。



それはさておき、

誰かの役に立ちたい、誰かを助けたい、より良い人になりたい、

などと思うのは、仏性(仏の性質)や自性清浄心(何にも染まっていない本来の心)がある証拠です。

これがあれば、僕らは成仏できます。迷いを悟りに換え、人格の向上につながる。

教理的には、すでに成仏しているのですが。


そのさとりは幸せのこと

幸せとは平安な心のこと

心を平安にするために瞑想修行をします。

心が平安であるには思いやりと優しさがあること

難しい修行でなくても、

合掌すれば心は平安になります。

花を見る時、笑顔に触れる時、「ありがとう」「おいしかった」と言われる時と同じように、

合掌して怒り出すことは無い。


このように、

合掌するだけでも慈悲の心が生まれ、

さらに、

さまざまなことを勉強すれば、怖れや怒りや不安が無くなります。

知らないと不安だけれど、勉強して知れば不安は消える。

ですから、

慈悲と智慧を体得するために、

たくさん勉強して、心静かに合掌する。

それほど難しくない。

PR


[ 2017/05/17 07:07 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< よりどころ  |  ホーム  |  現状を分析する。 >>