忍者ブログ


夏の姿 その3 タネの秘密
中学高校と部活優先の毎日。

夏休みも家庭より部活、

という生活で、家での躾がまったくできていないまま結婚して親になったら、

いろいろ不自由なことが多い、

という話を近所で聞いて、甲子園球児はどうなのだろうか、と思う。


それはさておき、

きゅうり、トマト、ピーマンなどのタネは小さく柔らかいので、

そのまま食べても問題無い。

それどころか、面白い効果がある。


植物では、根が最も陽性な部分で、種子が一番陰性。

陰性だから拡がる力があるので、発芽して成長する。

陰性な働きがあるから、構造は小さくて固い陽性になります。

根を食べれば陽性になり、種子を食べれば陰性になるだろうから、

排毒の力は強いと考えられる。

米などと同じで種子は、花や茎や根になる成分の元(脂肪やたんぱく質)があるので、

食べ物としてのバランスはよろしい。


ところで、

ぶどう、スイカ、桃などの種は、小さいけれど硬いから消化吸収できない。

固い皮を取ればおもしろい効果はあるだろうけれど、

消化できないものが大量にあると、胃腸はストレスをうけて免疫力が低下するかもしれない。

それほど大量に食べることはないだろうけれど、

石ころと同じで、

食べられないものは食べない、というのが生き物の特徴。



PR


[ 2017/08/06 14:16 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 生死涅槃は無別なり  |  ホーム  |  夏の姿 その2 カッコウとヒグラシ >>