忍者ブログ


夏は精進料理
夏の冷え にも二種類あります。

陽性な冷えなら、

おしっこが濃い(少ない)、元気がある。

そういう時は、

熱中症になりやすい。なので、陰性なカリウムとカルシウムを両方多く含むものを「たくさん」摂る。


陰性 な冷えは、

おしっこの色が薄い(多い)、お腹が痛い、元気が無い。

そういう時は、

外へ出て日光にあたり、汗をかく。

飲みものはネギ味噌湯、梅干し入りのスープ。

食べ物は炒り玄米や、チャーハンなどにあるおこげ。

これらは少なくてよろしい。



夏は「暑さ」という陽性がある季節なので、

「カリウムが多い」「水分が多い」などが特徴の陰性な夏野菜や

水分の多い料理を食べれば、心身のバランスがとれ、排毒が進みます。

陰性が足りない人は暑さに弱い。


それなのに、

焼肉やウナギなどの、陽性なものをたくさん食べては台無し。

ですから、

夏こそ精進料理の季節。 



湯葉とじゅんさい

醤油昆布出汁すだち酢






ピーマンフライ

残りごはん、えごま、エゴマの葉、ニンジン






冷奴

玉ねぎ、ごま油、醤油、すだち




PR


[ 2016/07/10 08:20 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 仏の才能  |  ホーム  |  夏の祈り >>