忍者ブログ


夏まんだら
Hさんちのおばあちゃんが炎天下にきゅうりをかついできてくれて、縁側でちょっとお話。

いやああ、暑いねえ、夕方まで休憩だな。

とお帰りになる。


早朝は涼しいから、行法とか文筆仕事とかパソコンの用事をする。汗をかかないほうがやりやすい仕事だから。

日中は暑いから、庭の用事や掃除をする。どうせ汗をかくのだから、暑い時間にしたほうが得だ。


夏と言えば野球。

昨日は息子らと炎天下で観戦。
http://www.baseballfesta.jp/message/220.html

子らは焼きそばやフライドチキンや焼き鳥を売店で買い、大騒ぎしながら食べている。

こういう時はお茶か酸っぱい果汁がいい。

で、翌朝はしいたけ出汁に玉ねぎを大きく切って(陰性)、さっと炊いた味噌汁と、きゅうりの糠漬けにすれば陰陽のバランスがとれて心配ない。

息子もそれらに手を伸ばす。


夏はカレー。

毎日カレーでもいいよ、という息子らに、台所と庭にある野菜を何でも入れて、炒り玄米とカレー粉を加えて煮込む。



夏野菜と香辛料は暑さの陽性を消し、それらは抗酸化作用もある。

炒り玄米と塩気を加えて陰性すぎないようにする。酸味の野菜を加えれば疲れも取れる。辛味は脂肪も溶かす。


 
あとはお盆の用事。

PR


[ 2012/08/05 10:23 | 米ぞうの家 ]



<< 大目に見る。  |  ホーム  |  シュタイナーとマクロビオティックと仏教 >>