忍者ブログ


大目に見る。
今の時期に役立ちそうな質問が続いたので載せます。少し陽性なお母さんから。


Q:
午前中の陽性毒だしにとりくんでから心も身体も快適です!ホントに『毒』がでたって感じがします。ありがとうございます。

なのですが、最近午後になると、ふくらはぎから下が熱くてダルいです。
毎日子どもらとであちこちの公園に行って太陽にガンガン当たっているので冷房負けではないし、うちでも冷房はまだいれてないです。


A:
陽性なものが陽性な場所に出てきたものでしょう。生姜の足湯、または温冷浴などで血行を良くしましょう。 大根湯やネギコショウのスープもいい。



Q:
ごま塩について。

開封して1ヶ月以上過ぎてしまいました。

ご飯(五分づき)を食べても塩気を避けてるため減らないのですが、ごま塩の塩気は摂ったほうがよいのでしょうか。

また、酸化が気になるごま塩の食べ方があれば教えてください。



A:

ごま塩は出血したとき、虫に刺されたとき、眠れないときに頓服すると良いです。
ただし、これは手当の薬です。

普段はカルシウムの補給になり、でんぷんの消化も助けますから、食べたいと感じたら食べましょう

古くなったごま塩はお好み焼きなどに混ぜて使えます。



Q:
午前中の陽性毒だしのおかげですこぶる快適な夏真っ盛りですが、いつ頃秋を意識した食に移行すればいいのでしょうか。


A:
お盆を過ぎたら料理は少し変えます。

夏野菜は火を通して、味噌や梅干しなどを使った料理にします。

真夏のように生のまま、冷たいもの大、あっさりしたものから、時間をかけたものにします。

お芋やカボチャが採れる時期ですから、ご飯と一緒に食べられる味にしたおかずにします。




Q:
左目の目やにと痛痒さを感じます。もう、1ヶ月近く午前中のみ陰性なものをとる生活をしてますがその影響ですか。

もし、穀物を摂る食にかえるならばお粥、がいいのかなと思ってるのですが、精神的に調子良かったのであまり変えたくないのですが…


A:
細かくお考えになっていますね。

もう少しゆるやかに考えて大丈夫です。


目は塩をほんの少し入れた番茶で洗い、しいたけ出汁でネギとワカメの味噌汁(ほかの野菜を入れても構いません)を飲みます。

陰性な脂肪の排毒でしょう。炒り玄米を使った料理を召し上がるのも良いです。
(炒り玄米入りのごはん、炒り玄米と野菜のシチュー、炒めものなど)




総じて陽性の人、陽性な環境では、やや大目に見る習慣をつけておくといろいろ改善します。
PR


[ 2012/08/05 12:34 | 米ぞうの家 ]



<< 上へ上へ  |  ホーム  |  夏まんだら >>