忍者ブログ


夏草や

津波で沈んだ土地にも、今では緑が鬱蒼と茂っています。

塩気は大丈夫だったのだろうか。

草木はなんと強いのか。


冬の雪と同じように、夏の草は醜いもの悲惨なものを覆い隠してくれます。


僕らの心も、面倒なものや嫌なものを隠す傾向がある。

 

あの日、宮城沿岸は雪。

その後の数日で、濡れた身体そのままで低体温になり、多くの人が亡くなりました。

ここは安全のはず、と思っていた指定避難場所にも津波がきて、多くのかたが流されました。

そのひとつの小学校体育館でも、加持土砂を散じて読経。

もう、幽霊やお化けは出てこなくていいんだよ、と至心に拝む。


ああ、ここか

と思う風景があります。

家が重なるように流される港を何度もテレビで観た、高台の石巻・日和山公園からの景色もそう。

海近く日和大橋のたもとで、加持香を散じて読経。


被災地は広い。

被災して広くなった。

人がいなくなって広くなった。

そういうところが少なくない。

そして、海も山もとても美しい。

高台移転などのために削られる山は痛々しいけれど。

 

徳島での棚経中、

福島の放射能は大丈夫なの?

と数人のかたから聞かれました。


発電所周辺はともかく、当地郡山中通り地方は問題ありません。

大人も子どもも食べ物も。

被ばく症状の見聞はまったくありません。

放射性物質による陽性過多の症状、放射線被ばくによる陰性過多の症状、どちらも望診に現れていません。手相人相は将来の状態が出ます。


都会と田舎の意識の差はあるでしょうが、それはどこにでもあるレベルです。

低線量被ばくを懸念する人たちはいます。

でも、事実に沿った、理論的バックボーンがある主張は聞こえてきません。

時折、何か特殊な思想が見えることがあります。


時が立つと心は変わるけれど、事実は変わらない。  

大切なのは美しい思い出。モノは邪魔になることが多い。

青々とした草原は美しいけれど、草いきれは何か胡乱なものも感じる。

そして、

美しい思い出は、時にとても苦しい。

 


 

PR


[ 2013/08/18 15:06 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< うどん考  |  ホーム  |  真理が説法している。 >>