忍者ブログ


真理が説法している。

ネックレス、指輪、時計、ブレスレットなどの「金属製の輪」を身に着けていると、五感がちょっとニブくなります。


身体に必要なものはおいしく心地よく感じるものですが、輪をつけていると、それができなくなる。美しいものに気がつきにくくなる。鈍感になる。


時間を計る必要があって腕時計をつけて仕事をしていたら、喉の渇きが体調と連動しなかった。


 




三年振りに伺ったお宅で、


アンタ、誰だっけ?


と聞かれ、


スナガです。


と答える。


あーあー、あの福島の和尚さんね。分からなかったよ。


ええ、昔は若かったですから。


とおかしな受け答えをする。


何もかも変化することが諸行無常という真理なのだけれど、何よりも変わったのは僕の心。


僕の目や耳も以前とは違うものになっている。同じことを同じ人から聞いても、僕の耳は受け取りかたが変わっている。


 


苦手と感じていた人が、実は僕のことを色々心がけてくれていたと知ったり、反対に、心安いと思っていた人が、実はうわべだけの中身のない人間と知ることもある。


孔子さまは言いました。


徳をそなえた人物は、必ず、すばらしい言葉を言うものだ。


しかし、すばらしい言葉を言ったものが、必ずしも徳のある人物とは限らない。


(『論語』憲問十四)


 




自分がそうである、と知るのにも時間がかかる。


 


密教では法身が説法する、つまり真理そのものがダイナミックにその内容を僕らに伝える、としています。


それに気がつかつかないのは、こちらの受信状態が良くないだけのこと。


高性能のラジオは良い音を聞かせてくれるけれど、オンボロラジオは何も受信できない。


 


自分にとって好ましくないところにも如来の導きがある、とお大師さんは言う。


自然界人間界の諸々の動き、形、色は、みな如来の説法である、と『声字実相義』にある。


暑い日に風が吹く。


ああ、涼しくて気持ちがいい


と感じる。


それが真理を伝えるひとつのかたち。


 


地球上のすべてのものは元素でできており、それを構成要素として生命がある。


生命は進化し、太陽などのエネルギーを受けて生きている。


そのことこそが如来の説法である。


動物植物いろいろな生命があり、同じ種類の生き物は姿形が似ている。


それも真理を僕らに示す一端である。


同じ種類の生き物でも、個性によって違いがある。少しづつ違う。


そして、それぞれの個は、自分の生を営み、他と交わる。


だから、あなたにも僕にも、自他両方の姿がある。


それらはみんな、呼吸のように交感しあって秩序を保っている。


だから、そのひとつである僕も、真理の現れである。


それを自覚しなさい、というのが真言密教の立場です。


 


ああ、暑いのは真理の現われである。暑いと感じる僕もそうである。


そう考えると、暑いことがとてもありがたく嬉しい。


 

PR


[ 2013/08/16 19:53 | Comments(2) | 米ぞうの家 ]
1. posted by 風来坊主  2013/08/16 21:11
とても共感しています。
ありがとうございます。
2. posted by 米ぞう  2013/08/17 06:20
そう言っていただけると、ありがたいです。

書いたことに責任を持てるようにします。

コメントを投稿する






<< 夏草や  |  ホーム  |  夏味噌 >>