忍者ブログ


女は黒、男は白
四大不調の時、

女性は黒いものを食べ、男は白いものを食べるとよろしい。

女性は男より表面が白く柔らかいので陰性、外側が陰性だから内側は陽性が強い(だから陽性な卵子が作られる)、なので陽性な黒が滋養になります。

外面が固く黒い陽性な男の中身は、かよわい陰性(よって陰性な精子がつくられる)。

だから陰性な白がいい。


例えば黒いのは、

ヒジキ、ワカメ、昆布
黒豆、キクラゲ、
黒ごま、おこげ ・・・。


機根が不定な僕は、白いものを料理。



吉野葛、これはきめが細かく眩しいほど白いものが上等でうまい、品があってコクがある。

水で溶いて火にかけ練る。
 
今が旬の採れたて大根、エノキを加え、豆腐を載せて醤油味で炊き上げます。





それからキャベツを塩もみ、胃の薬。


黒は腎臓で白は肺

腎臓は勇気で肺は安心感

黒は恐怖心と憂鬱、白は悲しみと心配事

そういうものです。

で、黒と白は互いに引き付けあい、うまくいけば調和できます。 



PR


[ 2014/11/06 06:04 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 木守柿  |  ホーム  |  心を洗う >>