忍者ブログ


心を洗う
ここ数日、

化学、電気、建築、物理を専攻する若者と話をして、とても楽しかった。

知的バックグラウンドと言動が一致しているから、彼らの話にはうわさ話ではなく事実がある。

だから信用でき、明快で気持ちがいい。 


心を汚し、しあわせを障げる原因は、元々心にあるものではなく、一時的に付着した塵のようなものにすぎない、というのが大乗仏教の考えかたです。

だから、その塵を洗い流せばいい。 

また、それはあたかもお客さんのようなもの。

たまたまウチに来て、いつかはお帰りになる。

ずっと居座るわけではありません。

いつかは帰るものですし、洗えば落ちるもの。そういうものが迷い、不安、悩み、心の汚れです。 

あらかじめ約束したのではなく、たまたまいらしたお客さんが迷い・煩悩。

こっちは知らないのに、勝手に付きまとってきた塵や埃が煩悩・迷い。

それらは偶然現れたもののように感じますね。

でも、偶然というものは、汚れの無い無知が原因で現われます。


だから、勉強して無知を減らすことはいろいろ有効で、塵も流れます。






PR


[ 2014/11/04 06:05 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 女は黒、男は白  |  ホーム  |  漬物、ラーメン、おせち >>