忍者ブログ


存在の分析
たとえば口(くち)について。

口という概念はあるけれど実体は無い。

上唇、下唇、歯、舌・・・・というようなものはあるけれど「口」そのものはどこにも無い。

このように「存在を分析する」ことは仏教が得意とする分野ですが、論理的に考えることによってあらゆる問題の原因を特定することができます。原因が分かれば何でも改善できる。


たとえば頭痛。

およそ「陰性な頭痛」というのはあり得ませんが、体調が陰性になって酸化した血が頭に上がっている、ということはあります。

だから、大小便や脈を診て明らかに陰性症状で頭痛があるのなら、少し陽性な塩気を摂ると良い。

しいたけ出汁でネギを煮込み、やわらかくなったら味噌を溶いて、刻みネギを散らして飲む、とか。

肩こりや腰痛などの陽性な症状が強いなら、陰性な飲み物をなるべくたくさん摂るだけで改善します。


そういう人は一度きれいに陽性な塩抜きをすれば、頭痛がおこらない安穏な体になります。


頭痛は血が汚れているからだけで、脳は痛くない。

陽性なコレステロールは陽性な右脳にたまり、陰性な中性脂肪は左脳にたまります。

右脳は陽性な場所にありますからその働きは陰性ですが、情緒豊かな感覚が鈍くなってきたら、陽性なコレステロール(動物性の過食)が多いからと考えてよいでしょう。


陰陽は5対1です。自然界では陰性のほうが多い。夏は高温という陽性なカロリーが強いですから、あまり陽性にしないほうがよろしい。

夏のバーベキューなどをすると、気温、太陽の光、炭の温度、肉食と陽性が重なります。

だから、陰性なものを多くすればバランスがとれます。


陽性な夏には陰性なスナック菓子もじょうずに食べれば陰陽のバランスはとれます。


_______________________________


※おしらせ

お料理とお話、夏の午後】

精進料理を召し上がっていただき、3日間体質改善法、心のコントロール法をお話します。

○日時
8月23日(木)12時から夕方
9月 5日(水)  ゞ




○場所
横浜市西区南軽井沢15-17

 



○会費
5000円(穀菜食の舎会員3000円)

託児はありませんが、お子さんもご一緒にどうぞ。




○申し込み先

陰陽研究塾 須永晃仁
FAX 0249555370
メール sunagakounin@gmail.com

 

○Bow's  Club ご案内
http://shintenan.hanagasumi.net/

申し込み用紙
http://shintenan.hanagasumi.net/moushikomi.xls

http://docs.google.com/viewer?url=http%3A%2F%2Fshintenan.hanagasumi.net%2Fbowsclub.PDF
http://shintenan.hanagasumi.net/bowsclub.PDF

 


 
PR


[ 2012/07/13 07:17 | 米ぞうの家 ]



<< 精霊の点心  |  ホーム  |  三冠王 >>