忍者ブログ


安全保障関連法案に対する当山声明
安全保障関連法案に対する当山声明


2015年7月16日に衆議院を通過した「安全保障関連法案」について、

憲法と民主主義の精神を順守する立場から、また、仏教徒として、この法案に強く反対の意を表明いたします。

私どもは日々、自他の平安を祈念し、現世則密厳浄土となり、すべての人に悟りと幸せがもたらされるように、と願っております。

しかしながら、それらの願いを妨げ、愚かな戦争行為を可能とする憲法解釈や新しい法案が、「積極的平和主義」という言葉の下で進められようとしています。


『法句経』には次のようにあります。

「 ものごとは、心が先行し、心が最大の原因であり、心をもとに作りだされる。

もしも、けがれた心によって、話したり、行動するならば、苦しみがついてくる。

荷を運ぶ牛の足跡に車輪が従うように。」

「 ものごとは、心が先行し、心が最大の原因であり、心をもとに作りだされる。 もしも、清らか

な心によって、話したり、行動するならば、喜びがついてくる。 影が離れないように。」


「あの者は、私をののしった。私をなぐった。私に打ち勝った。私から奪った。」このように怨みをいだく者、かれらの怨みはしずまらない。」


「あの者は、私をののしった。私をなぐった。私に打ち勝った。私から奪った。」このような怨みをいだかない者、かれらの怨みはしずまる。」


「 まことに、怨みに怨みをもって報いるならば、この世においては、怨みのしずまることがない。しかし、怨まないことによって、怨みはしずまる。これは、いにしえより続く真理である。」

「 人々は知らない、争いによって破滅することを。この事を知るならば、争いはなくなるだろう。」



私は、仏教者として、ブッダの慈悲と智慧を学び修行するものとして、

平和憲法の精神を生かし守り、

武力に依らず、冷静な会話と互いの尊敬、高い精神文化と教養によって、世界の平安を実現させることを、

三権の長を始め、日本の代表者に求めます。

2015年7月18日
          

高野山真言宗 眞天庵 庵主  須永 晃仁

PR


[ 2015/07/18 05:47 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 東松島巡礼  |  ホーム  |  はは、暢気だねえ。 >>