忍者ブログ


安心感
毎日いろいろなことを考えて暮らしています。

最近食事の量を減らしていますが、

腹が減ってはいいクソはできぬ

というわけでもない。


今は仮住まいなのですが

貧乏居間無し

ということもない。


犬の散歩をして、ふと横を見ると

犬も歩けばネコも歩く。


道すがら、よその庭を見ては

きれいなバラには峠の我が家

を思います。


南瓜はまだ走りですが、そろそろ食卓に上がります。

乱切りにして油揚げと一緒に、油揚げの油分で、鍋を揺らしながら炒め、塩と醤油を少しづつ振りながら蒸し煮します。

水を使わず、南瓜の水分だけで火を通すと、甘味がすばらしい。

"

南瓜はその出来が悪いと工夫のしがいが無い野菜ですが、軸が乾燥するまで干せば糖化します。



それはさておき、

お大師さんの言葉には

人は限りない徳と力を供えている。努力とか工夫の有無にかかわりなく、元からそれらを持っている  (『大日経開題』)


人は誰でも仏の智慧をそなえている。
丁度、水は低いところへ流れ、炎は上にあがるのが決まったことであるように、これもまた決まったことである (『十住心論』)

わが心に諸仏が住みたまい、わが心はもともとから仏智に限られている (『性霊集』喜雨歌)

そういうことを知らないのは、貧乏の中の貧乏である (『吽字義』)

などとあり、これが真言密教の考えかたです。

仏教中の本覚思想といいますが、諸々のことを打ち消そうとするのではなく、個々の善悪よりも心そのものに着眼します。

僕らはそもそも完全であり、清浄である。

ちょっと、雲に覆われて気がつかない、忘れている時があるけれど。


自分はもともと清浄である、ということがわかるには段階があります。そのために修行が必要、というのが仏教の立場。




先日、東大病院に知人を見舞いました。大きな病院ですね。

80歳を過ぎたその人は

生きているうちに会えてよかったねえ

と言って、手を差し出しました。その手には温かさと力があった。


あんた、お子さんは大きくなったかい?

はい、長女長男は上京して、三番目も寮生活。

そうかい、じゃあ、仏さまにお任せしたんだね


そうなんですね、親の手から離れて仏さまにお任せした。


あたしもね、仏さまにお任せしているんだよ。

だから、アンタにも思いがけずこうして会えた。

ありがたいもんだねえ。


人は誰かに見守られていれば安心します。

おそらく、知人縁者がいなくても、大自然や宇宙といった仏さまが見守っている。


もし、誰かが誰かを見捨てると、その見捨てられた人に不幸があった時にとても後悔します。

だから、人は人を見捨てないほうがいい。


僕はあの震災と事故の後、全国のお坊さんが僕らを拝んでいてくれることに、心から平安と安心を覚えました。その上、世界中の人が祈ってくれていたのを知り、泣きそうだった。


誰かが僕のために拝んでくれる、僕のことを気にしてくれている

そう思うだけで安心して暮らせます。

だから、どうぞ誰かのことを拝んでください。

拝むということは、心に根っこが生えるようなものです。たくさん拝んで根っこがしっかりすれば、心安らかになります。それは地下にあって見えないのだけれど。 




________________________

※穀菜食の舎ページ

「緑内障のメニュー}
https://groups.google.com/forum/?hl=ja#!topic/shintenan/RDPNytKWtms

PR


[ 2014/06/27 18:00 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 愛情  |  ホーム  |  良縁成就 >>