忍者ブログ


対立は相補
与党と野党 、保守と革新

のように、対立するものは相補的な関係にあるべきものです。

そうして、ともに発展向上する。

経営者と労働者、先生と生徒、教師と親、夫婦・男女、

ついでに タイガースとジャイアンツ

もそうだろうな。


そういうものが何だか壊れている、そういう時代なのかしら。

対立は互いに相手を補うものであるのに、

それができないとトラブル戦争破滅がある。



ところで、

食養では、陰陽と酸アルカリが対立し相補関係になります。

酸性はエネルギーになり、

アルカリ性は酸化を防ぐ。
 
陰陽は全体のバランスを調える。

例えば、 

陽性で酸性な穀物や動物性食品は、

陰性でアルカリの野菜、果物、ハーブ、お茶が相補的存在になる。


陰性で酸性の化学薬品、砂糖、アルコール、豆類は、

陽性でアルカリの古漬け、醤油、味噌、梅干しなどがバランスを取る。


これを間違えると、

保守と保守の組み合わせのようになって、うまくいかない。

PR


[ 2017/10/29 06:26 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 書評の楽しみ  |  ホーム  |  心蓮華 >>