忍者ブログ


彼は嘘をついている。
前事務次官M氏と官房副長官H氏を望診してみると、

M氏の胃腸(不安)と、H氏の肝臓(不耐)

に特徴があり、

耳と鼻の違いがよく現れている。

全体的には、前者は比較的陰性で、後者は陽性。


名前を観ると、

M氏
天格12
人格15
地格17
外格14
総画29

H氏
天格23
人格11
地格7
外格19
総画30 

いろいろ大変なのだろうなあ。

対人関係を現す外格は両者とも凶数。



もし、手相を観ることができれば、

掌の皮膚が柔らかい、つまり陰性な人は、権力より名誉が好きで、

手の硬い人は陽性なので、保守的で金に執著する傾向がある。

そして、
 
ウソをついている時には手の指が動いている。

さらに、

掌を下に向けていると緊張がある。


人には様々な境遇があるけれど、

画数が良い、身体が丈夫である、財産がある、人相手相が良いなどは、
 
親からもらったものであり、自分で努力して得たものではない。


病弱で貧乏で画数も凶なら、
 
さあ、やってやろうじゃないか、と自分で人生を善くするために努力工夫できるから、

毎日が楽しくなる。
 
未完成で不運と不便があるから、人生の感動やありがたさや真実が見えるはず。


これは嘘ではない。






PR


[ 2017/06/25 15:01 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 優等生  |  ホーム  |  道草 常総編 >>