忍者ブログ


心の重要な問題 2
およそ人間の言動は心から生じる。

十住心を解説すると、

1、腹減ったなあ、あの娘と付き合いたいなあ、そんなことばかりの心
 
2.今日は節約して、その分を困っている人に差し上げよう、という心

3、良いことをしますから、未来は極楽へ住めるようにお願いします。
  そして、神さま、世界を救ってください。
  と思う心。

4、(僕以外の)あなたがいるから僕がいる。
  あなたがいなければ「僕」はいない、
  すなわち無我であると知る心

5、宿酔は飲みすぎと身体の不調が原因で生じた、
  と論理的に思考できる心

6、僕が美しいと思うから、あなたは美しいので、
  僕が思わなければ、美しくないかもしれない
  と認識について理解する心

7、タイガースは甲子園を本拠地とするプロ野球チームである、
  と論理的に説明できても、
  タイガースの実体とは何か、は説明できない。
  つまり空である。
  しかし、タイガースは実在している。
  それが「存在」であると知る心

8、在るものは、いつか必ず無くなる、
  在るものの本体というものは無い。
  ならば、その在るものを知っている私は、
  在るものと一体になっているのではないか、
  それが存在ということではないか、と知る心

9、ということは、
  何もかもが、ごちゃごちゃと混ざり合っており、
  細胞が集って私があるようなものである。
  細胞も私も毎日変化しているから、
  不変の本体などと云うものはどこにも無い、と知る心

10、私は怒ったり泣いたり笑ったりする、
  私はいろいろな服を着る、
  私にはいろいろな役割がある、
  私は行動と、言葉によるコミュニケーションと、意思によって、  
  良いことも悪いこともする。
  そのように、
  世界は、私が見たり聞いたり感じたりするすべてもので構成され、
  全部が集ってひとつの世界になっている。  
  見たり聞いたり感じることは無限にできるから、
  その世界も無限である、
  と知る心。


この10のうち、心がどれかひとつに留まることはない。

いつもウロウロと動いて変化して、

ある時は1、あるときは9、

工夫すれば10になる。

できることなら、

1の心(自分のことだけ考えている)から、

10の心(全部を思い慕う心)に上昇するのが良いのだろうけれど、

なかなか難しいので、

戒律と勉強と修行が役に立つのである。

PR


[ 2018/10/03 15:00 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 修法の効果  |  ホーム  |  心の重要な問題 1 >>