忍者ブログ


感情線のヒ・ミ・ツ
長男の上京引っ越し作業に妻が一緒に出かけたので、次男とふたりで夕食。

省エネ作戦で、食事をした同じ部屋でそのまま布団を並べて寝る。


長女は数年前に上京、こうしてひとりづつ旅立つのは喜ばしいことだけれども、一人っ子のご家庭はこれとは違う感慨があるのだろうな。


それはさておき、

手相の感情線は循環器系の様子を診る線です。

消化器系の様子を診る生命線は体調を判断するのに役立ちますが、体質を観るのは感情線のほうがわかりやすい。

感情線は小指の下から始まって人さし指の下に伸びている線。

この線の始まりと小指の間に結婚線があります。

ここは生殖器の成熟度が表れます。つまり、子どもを産める状態になった時に線が現われる。

感情線のところが1歳、小指の下の線のあたりが70歳。真ん中に結婚線があれば35歳くらい。

この線がまっすぐ横に伸びていれば中庸。線の先が上に向いていれば陽性過多、下なら陰性過多。子どもが欲しいならこの線がまっすぐになるように体調を調えれば授かります。

子宝に限らず、体質の陰陽がここでわかります。

この線と小指の間が狭ければ物質的な世界に向いている。広ければ精神的な世界に適合しやすい感情を持つ。

感情線が延びる先は、緩やかなカーブを描いて人さし指方面へ上がっている相が多いですが、陽性なほど急なカーブを描き、陰性なら緩やになります。

感情がもっと陰性ならあまり曲がらずに、人差し指と親指の間方向に延びます。

線の先が上がれば陽性で感情的な傾向があり、下がっていれば陰性で感情を出さないタイプ、まっすぐは冷静さを表します。

腎臓や心臓の状態が陰性が陽性か、でこうなります。心臓が陽性なら興奮しやすい、あるいは肉食系。陰性ならその逆。中庸なら落ち着いて優しい。

腎臓が陽性なら落ち着きがない怖がり屋さん。陰性ならおとなしいけれど憂鬱気味。中庸なら自信と勇気がある。


そのように感情線で自己中心的か、献身的か、その中間か。

肉欲的かプラトニックか、その中間か

感情的か陰湿か、その中間か。

実業家タイプか研究者タイプか

親子の縁はどうか

を観ることができます。そして、他の相と同じく、食生活などによって手相は変えることもできます。

僕はそこら辺りがおもしろいと思う。

PR


[ 2013/03/18 15:00 | 米ぞうの家 ]



<< カニとカニカマ  |  ホーム  |  死者の語り、生者の呼びかけ >>