忍者ブログ


星供
密教には星供とか星祭りと呼ばれる修法があります。

お大師さんが請来した『宿曜経』(正しくは『文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経』)に基づいた作法で、日月星辰の動きに自分の運勢を占うもの。

冬至、元日、立春などに行う事が多いですが、多くの人が自分の運勢を気にします。

今年が吉と知れば安心し、凶ならちょっと心配する。

気をつけなきゃなあ、と。

星供は、

天空の星神をまつって災いをはらい、幸福を招く修法で、

太陽や月や星座を本尊として供養します。

人々の運勢を正しく占うためには、宇宙の星辰や大地の生命と一体になる密教の修法が必要 だからです。


星供曼荼羅図 金剛峯寺)

おみくじなどには、

信心あれば凶も吉にかえる。

などと書かれていることが多いですが、

良いことをすれば良い結果があります。

でも、
 
なかなか良いことはできない。煩悩のままに暮してしまう。

他に優しくしよう、思いやりを持とう、

と思っていても、いざと言うときには何もできないばかりか、かえって意地悪をしてしまう。

なんていうことがあり、善を行うことはなかなか難しいものです。

でも、

善行を、良いことを、祈ることはできます。

祈りの中では、自他のために良かれと願い続ける事ができる。

それがいつか誰かの役に立つときがあります。

だから、常に誰かのために祈ればいい。


一切の日が善になり、一切の星宿が賢くなるよう拝んだお札をご用意しております。

ご希望のかたには、月末28日星供の後、お送りしますので、

自他のために拝んでください。

一緒に拝みましょう。


PR


[ 2016/01/15 09:51 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 吸い玉とカレー  |  ホーム  |  ミトコンドリアと食時作法 >>