忍者ブログ


暑中平安
土用の酷暑、お見舞い申し上げます。

こう暑いと八寒地獄でもいいかな

なんて『鬼灯の冷徹』を読んで思うけれど、

僕らは地獄でも極楽で自由自在に行くことができます。

どちらも僕らの心の中にあるものだから。

いやいや、あらゆるものは心の中にありますね。

ちなみに、

お盆は地獄目線で言えば、獄卒の夏休みらしい。


お盆は盂蘭盆のこと。

これはサンスクリット語の「ウランバナ」(ullambana)の音写語

倒懸(さかさにかかる)という意味。そういう苦しみ、ということ。

古代イラン語(アヴェスター語)の「ウルヴァン」(urvan)が語源という説もあります。意味は「霊魂」



盂蘭盆の法会期間は7月1日から15日まで。

1日に地獄の窯の蓋が開いて、亡者が帰ってきます。だから、地獄は夏休みになるんだろうな。

盂蘭盆会は、お正月と同じように、ご先祖さまが各自の家に帰って来るのを迎える行事。

昔はこの時期くらいしか休めなかったからかもしれない。

家族全員でお迎えするのが本来の形。

今は月遅れで8月に行うところが多いですね。学校会社の休みと合わせて。

そもそも、今の暦とは違うからいつでも良いといえば良い。


お盆の典拠となる『盂蘭盆経』は偽経。

インド伝来ではなく、中国で作られた経典を偽経といいます。インチキという意味ではありませんが、中国儒教の影響が強い。

雨季の間、3か月、

修行者は町に出ず、森などで修行します。これを安居(あんご)という。

それが終わる7月15日は自恣(じし)という反省会の


お釈迦さまの弟子で神通力に優れた目連尊者が、

亡くなった母親の姿を探すと、餓鬼道に堕ちているのを見つけます。

喉を枯らし飢えていたので、水や食べ物を差し出しますが、みな口に入る直前に炎となってしまう。

どうしたら母を救えるのだろうか、とお釈迦さまに相談すると、

「自恣の日にすべての比丘に供養すれば、母親にもその施しの一端が口に入るだろう」

その通りに実行して、比丘のすべてに布施を行い、比丘たちは飲んだり食べたり踊ったり大喜び。すると、その喜びが餓鬼道に堕ちている者たちにも伝わり、母親の口にも入った。

というお話。

しかし、食べ物飲み物なんでも口に入れる瞬間に火になる、

なんてすごいことを考えましたね。


僕は盂蘭盆経を読むといつも思います。

親というものの罪は限りなく重い、と。

子のためには何でもする。

子を救うために他の命を奪うこともする。

子のために、何かを盗み、嘘をつき、二枚舌を使い、怒り、貪る。


何よりも、

自分の子と他所の子を区別する。

この間の仕切りこそ煩悩の根源、執着の元

この仕切りが高いほど苦しみ迷い不幸の原因になる。

この仕切りが無くなることが悟りなのだけれど。




『救抜焔口陀羅尼経』には、

お釈迦さまの話を、師のもっとも近くでたくさん聞いた阿難尊者の話があります。


尊者が静かな場所で坐禅瞑想していると、焔口(えんく)という餓鬼が現れます。

痩せ衰えて喉は細く口から火を吐き、髪は乱れ目は奥で光る醜い餓鬼。

その餓鬼が阿難に

「お前は三日後に死んで、私のように醜い餓鬼に生まれ変わるだろう」

と言います。

そして、

「我ら餓鬼道にいる苦の衆生、あらゆる困苦の衆生に対して飲食を施し、仏・法・僧の三宝を供養すれば、汝の寿命はのび、我も又苦難を脱することができ、お前の寿命も延びるだろう」

とも言います。

尊者がお釈迦さまに相談すると、

「ここに観世音菩薩の秘呪がある。一器の食物を供え、この加持飲食陀羅尼を唱えて加持すれば、その食べ物は無量の食物となり、一切の餓鬼は充分に空腹を満たされ、無量無数の苦難を救い、施主は寿命が延長し、その功徳により仏道を証得することができる」

と言われます。

これが施餓鬼の起源。

この二つの話は混同されていますが、

お盆は夏の一時期の行事で、施餓鬼は本来毎日行うもの。

お盆は先祖供養の経典や盂蘭盆教を唱え、

施餓鬼は陀羅尼を唱え施餓鬼作法をします。


ところで、

僕の姪らはミッション系の中高一貫女子校に通っています。

そこでは『聖☆おにいさん』が必修科目らしい。

伯父さんはブッダになるの?

と聞かれます。



PR


[ 2015/08/03 11:46 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ふと思い出して  |  ホーム  |  夏の瞑想 >>