忍者ブログ


未年の秘観
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いいたします。



本年ひつじ年の守り本尊は大日如来ということになっておりますが、

大日如来は曼荼羅の中央におわします、密教の教主でございます。


その昔、

人間・ゴータマ・シッダルタ(お釈迦さま)が宇宙の理法を悟ってブッダとなり、その教えが仏教ですが、お釈迦さまが悟る前からその法は存在しており、その法自体を身体とするのが大日如来です。


密教では

我、すなわち大日如来

我、すなわち宇宙の理法

という立場です。


宇宙のすべては地・水・火・風・空・識という要素、つまり元素によって構成されていますが、

その構成要素自体が大日如来です。

だから、

その要素によって構成されている私もあなたもすべてが大日如来。



大日如来は、

世の中は真理に満ち満ちていると悟っていますが、私たちは愚かさの迷いによって自分が大日如来である、ということを知らずに過ごしています。

よって、

大日如来は輝く智慧の月輪に住して、私たちの愚かさを照らして迷いの雲を除き、

私たちも大日如来である、真理そのものである、と悟らせようとしています。

自然も他人も、周りの存在や現象はすべて、私の人格を完成させようとしてくれています。



ともあれ、

皆さまにとって平安な年でありますよう、心からご祈念いたします。

素敵な世の中にしましょう。



PR


[ 2015/01/01 13:14 | Comments(2) | 米ぞうの家 ]
1. posted by ツボイ  2015/01/06 13:22
あらゆるモノに仏が宿る、とか 100年に経つとモノに魂が宿るという、考え方を、「あーそうなんだろうなぁ」と抵抗無く受け入れるのは、全てのモノは大日如来から‥と言うのが奥底に有るからなのかもしれませるね。
2. posted by 米ぞう  2015/01/06 16:15
例えば写真はただの紙ですが、そこに心安い人の姿が映っていれば粗末にはできませんね。

仏像もただの木や金属に過ぎませんが、それをゴミのようには扱えない。

畏敬とか尊敬、僕らが思っている大切なものがそこにあるかもしれないから。

紙や木や金属を構成しているものと、僕やあなたを構成しているものは同じものですし、仏も同じはずです。

だから、大切に思うのでしょうね。


コメントを投稿する






<< 仏教とは何か。  |  ホーム  |  お世話になりました。 >>