忍者ブログ


樹林墓地
東京都小平霊園で法事があり、拝んだ後,樹林墓地にお参りしました。 

http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2012/04/20m4p100.htm 

http://en-park.net/books/3115 


葬送にはいくつもの方法があります。 

火葬して、昔からのお墓や、共同墓地、共同納骨墓などに埋葬するのが一般的ですが、 
最近は海に散骨するなどもあります。 

散骨にもいろいろありますが、遺族は立ち会わず、業者さんに遺骨のみを預けて洋上で散骨してもらうなら5万円からできます。 
(海洋葬について)http://www.kaiyoso.com/list/tokyo_sankotsu_04.html 
(海洋散骨)http://www.sankotu-style.com/ 


樹林墓地は葬送形式のひとつですが、これにもいろいろな形があります。 

僕がお参りしたところは共同墓地。 

芝生に、コブシやナツツバキなどの樹木が植えられ、その地下に遺骨を埋葬するための「共同埋葬施設」があり、お骨が埋葬できるようになっています。 

樹林墓地の使用料は、13万1,000円(遺骨1体) 

遺骨を粉末状にすることを自分で行えば、4万3,000円(粉末代行業者に頼むこともできます) 

費用はこれのみで、毎年の管理料などは不要。 

つまり、個別のお墓ではなく、共同納骨のお堂が森の木の下にある、というイメージ。

合祀(合葬)ですから、他の人の遺骨と一緒に埋葬する方法。 



小平霊園では、「樹林墓地=合祀・合葬」「樹木墓地=個別埋葬」と二つあるようです。 



他にも、横浜市営霊園や、寺院、民間の霊園などにも樹林墓地があります。 
http://en-park.net/books/571#a12 


霊園によって、生前に申込みができるか、できないか、後継者が必要か、不要か、 

など、いろいろ違いがある。 


信仰はプライベートなものであり、葬送は自由であるべきですが、今までの檀家システムからは離れた形式が増えてきました。 



16世紀末、禅画で有名な曹洞宗の風外慧薫老師は、 

通りがかりの農民・茂作を呼び止め、 

「ひとつ頼みがある。穴をひとつ掘ってくれ」 

と手間賃を渡し、 

掘りあがった穴の中にすとんと飛び下り、 

「さあ、早く、わしを埋めてくれ」 

と言います。 

驚いた茂作が人を呼んでくると、老師は穴の中で立ったまま、安らかな顔で息絶えていました。。 

これが「立亡(りゅうぼう)」。 

準備をし、機をうかがっていた、と言われています。 



___________________________________ 



○9月22日(月)10時~ 精進料理教室 (郡山市・サンアイ) 
http://www.minpo-denjiro.net/sv_buy/kennaka_kennan/koriyama/buy5310.html 
自然食品店で季節の精進料理を作ります。 


○10月19日(日)13時~  郡山 café cocochi 
http://cocochinet.com/top 
旬の精進料理と旬のお話を。

 

○20日(月)いわき市 平コノイエ 
https://www.facebook.com/pages/%E5%B9%B3%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%82%A4%E3%82%A8/599133190141068 
お料理とお話会


○11月8日(土) 吹田市 PINO 
http://salon-pino.com/ 
10時から密教瞑想、11時から精進料理教室、14時から手相のお話 



○11月9日(日)12:30~ 鳴門市 不動院 
http://tadashimatunaga.web.fc2.com/bangaireijou/tokusima/file01/11_20.htm 
ここの13 不動堂 
護摩祈祷を修法します。どうぞご祈願、お参りください。 
JR鳴門線金比羅前駅から徒歩(山登り)20分。


○11月14日 群馬県甘楽町
http://kazekozo.jimdo.com/
無塩食とダイエット





PR


[ 2014/09/08 18:50 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 控室寸景  |  ホーム  |  スープにすればいい。 >>