忍者ブログ


正坐
肩や首が張ったり凝ったりする時はヒザが固く、

鼻が曲がっているのは姿勢が悪いから、と望診法で観ますが、

いろいろな修正方法の中で、正坐も有効です。


最近は、仏事でも正坐の会場はほとんどなくなりました。

正坐は畳の作法ですから、畳の部屋が無ければ正坐しない。

そういうご家庭も少なくないのでしょうね。
 

お寺の本堂は畳の所がまだ多いですから、お寺で正坐しましょう。


正坐は坐法のひとつですが、見た目が美しい。

正坐して食事すれば、腹八分目以上食べられない。

食事で心身を改善することは可能ですが、

その際、正坐して食時作法したほうが、心身が調う。心身の正中を取りやすいから。


正坐は腹式呼吸しやすく、止息も楽にできる。つまり、心を制御するのに便利。

正坐はゆっくり食べるのに適した姿勢になります。イスでは早く食べられる。

速く食べるというのは陽性な行動ですから、身体は陽性になる。

つまり、固くなる、コリや痛みが現れる。


正坐してゆっくり食べましょう。

その際、あまり噛みすぎないように。

噛めば噛むほど陽性過多になります。






PR


[ 2017/04/20 07:45 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 旅の途中  |  ホーム  |  生きる意味 >>