忍者ブログ


水晶
水晶にはいろいろなものが映りますが、レンズの効果で上下左右反転します。

それを見て、『般若心経』の

一切の顛倒夢想を遠離す

を思い出し、自己中心的な顛倒した錯覚を反省します。






灯明が水晶を通してお厨子に映るのを見ると、鏡のような智慧を思います。



これは如来の五つある智慧のひとつ。

すべてをありのままに映す(見る)こと。

この智慧があれば、総てを一つに包んで生きるようになります。


そして、

一切の知るところの障害を離れる。


それが如来のさとり。


PR


[ 2014/11/13 06:49 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 11月の精進料理  |  ホーム  |  正座の背中 >>