忍者ブログ


牛乳と油揚げ

ちょっと調べものついでに、


 



 


Na


K


Ca


P


Na:K


Ca:P


大豆


1


1900


240


580


1:1900


1:2.4


豆乳


2


190


15


49


1:45


1:3.3


豆腐(もめん)


13


140


120


110


1:11


1:0.9


油揚げ


10


55


300


230


1:5.5


1:0.7


牛乳


41


150


110


93


1:3.7


1:0.8


ヨーグルト


48


170


120


100


1:3.5


1:0.9


チーズ(エダム)


780


65


660


470


1:0.1


1:0.7


真昆布


2800


6100


710


200


1:2.2


1:0.3


かつおぶし


130


940


28


790


1:7.2


1:28


煮干


1700


1200


2200


1500


1:0.7


1:0.7

 (単位㎎ 可食部100gあたり 文科省:食品成分データベースhttp://fooddb.mext.go.jp/




 


Na:K =1:5~7


くらいが中庸です。



それよりNaが多いものを陽性、Kが多いものを陰性とします。



そして、



Caが多いものをアルカリ食品、Pが多いものを酸性食品と



食養では考えています。

牛乳や煮干しはカルシウムが多いけれどリンも多いですね。

さあ、どう考えましょうか。



大雑把には、

おおよそ動物性のものは比較的陽性



植物性のものは比較的陰性



といえます。



豆乳と牛乳では陰陽は反対の性質があり、共にアルカリ食品(ただし、脂肪の質を考えれば違う判断になります)



チーズはかなり陽性ですね。昆布は中庸。



牛乳と油揚げを比較するとおもしろい。表の成分以外に、牛乳には水分という陰性がかなりあります。



僕は、



カルシウム補給のためには牛乳より、油揚げと豆腐とわかめの味噌汁や



油揚げと青菜の煮びたしのほうが効果的である



と考えています。



もちろん、



味噌汁と牛乳



煮びたしと牛乳



などという組み合わせは下品。



ある食品の中で一つの成分だけを見て、それが有用かどうかを判断するのは全く意味がありません。


また、何と合わせて料理するかで効果は変わり、



煮る焼く揚げるなど料理法でも変化します。



何よりも、どのような体調の人が、どのような環境で、どんな心持で食べるのかが、味や滋養に影響します。



牛乳を飲む人と飲まない人では、脳にどれくらいの違いがあるのか。



牛乳を飲んでいる子のほうが、優秀で健康で朗らかなのか。



牛乳を給食で飲ませるべきと主張する立場の人は、



そうでない人より、健康で落ち着きがあり、心も安定しているのか。

そもそも、

おおぜいの子どもが同じものを同じ量で同じ時に食べている、

のが気持ち悪い。



いろいろなことが気になります。


 


PR


[ 2015/06/30 07:08 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 14、回向  |  ホーム  |  桃太郎 >>