忍者ブログ


玄人と素人
プロフェッショナルとアマチュア

というのは何が違うのかと考えてみると、

お金を儲けてそれを生活の手段にしているかどうか

という面がある。

そのためには、

専門的な知識と技術があるかどうか

がバックグラウンドにある。

経験の差、ということかな。

玄人は、

伝統的かつ専門的な作法を身につけていますが、

素人は、

自分流の解釈で済ますところがある。


僕らの業界は、お釈迦さんの時代から出家という専門家集団であり、

元々、プロとアマチュアの差が大きい。

でも、

プロなのにねえ

と眉をひそめるような人もいるのは、

どこの世界でも同じかな。


料理の世界でも、

プロとアマチュアの違いがあるのだけれど、

最近はずいぶん変わりました。

趣味の延長と変わらない、

セミプロが多い。黒でも白でもない灰色。


僕がもっとも強く感じるのは犯罪。
 
殺人や強盗というのはプロの仕事であったのに、

最近は素人が人を殺したり盗んだりする。

だから、とても醜い。

もちろん、誰だって犯罪を犯してはいけないのだけれど、

程度がわからない人間が犯すから、結果がより悲惨になる。



善にせよ悪にせよ

何かをする場合、

心を起こしてからは、それに責任を持てるよう努力しなければ叶わないのである。


最近はもうひとつ、

どこかの次期大統領も素人なんだろうな。
 
素人は、積み上げた体験に基づくものより、感覚で言うことが多い。

翻って我が国の首相は、

政治の玄人として大丈夫なのだろうか。




PR


[ 2016/11/21 11:36 | 米ぞうの家 ]



<< 身も蓋もない話  |  ホーム  |  萬代橋とおでん >>