忍者ブログ


萬代橋とおでん
信濃川に架かるこの有名な橋を、

初めてゆっくり眺めて、歩いて行ったり来たりしました。



この橋を、あぶさんも渡っていたのだなあ。

僕は大きな川が好きで、眺めているだけで心落ち着く。


吉田健一の『舌鼓ところどころ』には、

新鮮強烈な味の国、と新潟を称していますが、

北前船の時代から、江戸の新橋、京都の祇園島原と並んで、日本を代表する花街の新潟・古町には、うまいものを食わせる料理屋が多かったようです。

僕はここ10年来、毎年新潟へ行きますが、料理の用事ばかりなので、ほとんど外食はしない。

知っているのは、

早朝からお昼前まで営業のカトウのラーメンと、おでん屋じゅんちゃん。

今回は、

ファシリテーターで姓名診断士・ネーミング作家のイジロさんと「じゅんちゃん」で一献。

ここは働いているのが女子大生ばかりで、一杯目はお酌してくれる。


我が家のおでんは、ちくわぶと大根が人気だけれど、ここのおでんは具が豊富。



ネギとセリ


長野県飯田では、ねぎダレでおでんを食べる。

京都・蛸長はおでんの高級店で、何でもひとくち大に包丁を入れて出してくれる。

大阪・たこ梅のおでんは、鳴門の若布を串にぐるぐる巻きにしたものがうまい。


この季節になると、

毎晩おでんでも良いかな。


翌日は、

新潟大学環境系サークル「ひまわり」が主催するエコ・クッキング

若い学生たちと料理するのが楽しい。
 
彼らを見ていると、輝かしい未来を想像できます。

毎年、希望の料理を聞いてレシピを作るのだけれど、

今回は、

高菜チャーハン
野菜の餃子
豆腐サラダ
さつま汁
おしるこ

PR


[ 2016/11/21 11:12 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 玄人と素人  |  ホーム  |  腎臓と肝臓 >>