忍者ブログ


腎臓と肝臓
個人的な健康問題や人間関係から、

世界の政治経済安全保障に関するものまで、

すべての問題は腎臓と肝臓の好不調によって左右されています。




 



負担になるもの


感情




肝臓


酸味


脂肪、薬物


忍耐・怒り


阿頼耶識



腎臓


鹹味


タンパク質


勇気・怖れ


五識



この表は陰陽五行説と五輪九字明秘密釈から引いたもので、

内臓と関係するものの一覧です。
(詳しくは拙著『望診法講義録』『望診法テキスト 宇宙を診る』参照)


肝臓の滋養になるのは酸味ですが、過剰になると陰性過多になります。

肝臓は脂肪や薬物の過剰によって不調になり、

その結果忍耐力が無くなり、怒りに支配されやすくなり、

これが人間関係の悪化や、争いにつながります。


脂肪は大根、ネギ類、香辛料などの辛味で溶けます。

通常の食事では、

野菜の汁・スープがよろしい。


肝臓が不調になると、

目に不調が見られますが、肝臓を治せば目も正常になります。

心の根源的働きである阿頼耶識に、怒りの種子を植えつけますので、

物事を誤りなく正直に観る智慧が働きません。

瞑想修行によって阿頼耶識を自己と法界(宇宙)に見ることで、

肝臓は正常に働きます。



腎臓も同じようで、

タンパク質の過剰により勇気がなくなり、怖れが強くなります。

怖れが強いので、他を攻撃する。

タンパク質は酸味のある漬物や果物、調味料で溶けます。

腎臓は見る聞く嗅ぐ味わう触る

ことによる感覚を制御していますので、

腎臓が不調なら、それらの感覚が鈍くなります。


肝臓が解毒して、腎臓が排毒する

ことで心身が調いますので、

肝臓腎臓の不調は、あらゆるトラブルの原因になると考えられます。



内臓を調え、

冷静に心を観察思惟し、

怒りと怖れをなくすることで、

世界中のトラブル不幸を無くすことにつながるでしょう。



PR


[ 2016/11/19 07:14 | 米ぞうの家 ]



<< 萬代橋とおでん  |  ホーム  |  グルテンとデンプン >>