忍者ブログ


略式の人生 2
平成12年(2000)の春、

個人所有の坐禅堂を

ご自由にどうぞ

と使わせてもらうことになった。

そこで

虚空蔵菩薩の修法をするために準備を始めたとき、

近隣の寺院から横やりがはいった。

あいつはヘンなヤツだ。

拝むなんて、修行なんて、余計なことをしている。

オウムみたいなやつかもしれない、アブナイぞ。

と所有者に圧力がかかり、

そこは使えなくなった。

僕は関係ないのに。

ただ、拝むだけなのに。 


平成23年(2011)、

我が家は福島県郡山市で被災した。 

講演会お話会座談会その他で会う人の中に、

僕らを非難攻撃する人たちがいた。

あんたが福島に住み続けるということは、

原発は安全だ、ということになる。

それはまったくけしからん、

ということらしい。

僕らは関係ないのに。

ただ、住んでいるだけなのに。


オウムと原発政策

そこには、

全体を理解することができない人が集い、

略式の思想が充満しているような気がする。





PR


[ 2018/07/10 07:42 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 略式の人生 3  |  ホーム  |  略式の人生 1 >>