忍者ブログ


相と義
インフルエンザが流行っているようですが、毎年同じで、陽性な酸毒が体内にあると感染しやすい。

ウイルスの形が丸く、陽性な形をしているから。

構造が陽性なら性質は陰性になるので、拡散しやすく感染しやすい。

で、陽性な人が罹る。症状が陽性になる。

なので、

予防・手当ては陰性な飲み物がいい。



それはさておき、


この子は背が高く顔色が良い。いつもニコニコしている。

風邪も引かずに元気だ。

というように、

姿外見を見ていろいろなことがわかります。


そして、

この子は勉強が好きで、特に数学が得意。

運動神経も良いから、怪我の心配も無い。

家では愛想がないけれど、外に出ると人にやさしい 。

いろいろつらいことがあったから、それが内面の力になっている。

風邪を引かないように、あんなことやこんなことも自分で考えて工夫している。

なんていうことを知れば、またいろいろなことがわかる。


どんな対象でも、

僕らは

まず表面的なこと、外見で判断します。その多くは浅略。

冷静さがあるときは、

その内容を論理的に考察する。それは甚深の義がある。


その子は、

だんだん身体が成長し、性格も頭脳も変わる。

常に変化しているから、

この子はこうである

なんて決め付けることはできない。


外見でも、

詳しい内容でも、

真実はわからない。



そこで、

ただその子を見る

その子の姿を心に思う。

それだけ。

他に何も考えない、ただ見る、思い浮かべるだけ。

理論的事実を忘れ、言葉と感想を消す。


本当に心から相手を知る、

というのはその瞬間です。

ただし、

充分な勉強をして、

事実を考察した後でないと、妄想になります。






PR


[ 2016/02/03 07:17 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 念誦の中で  |  ホーム  |  五種の眼 >>