忍者ブログ


眠れぬ夜に
乾燥野菜の「そらや」から
http://store.shopping.yahoo.co.jp/soraya/ka01t002.html

五種類の野菜と果物
生姜とえのき
乾燥チップセット

のサンプルが送られてきたので、料理を試作。 



乾燥野菜の漬物



乾燥野菜のあんかけ




乾燥野菜のマーボー

レシピは後日「そらや」のサイトでご紹介します。



それはさておき、

ここのところお葬儀が続いて、今日もこれからお通夜に向かいます。

通夜葬儀の作法に、こうでなければならない、という決まりはありませんが、

一日は日没から始まるので、最初のお勤めがお通夜の作法になります。これを初夜行と言う。

翌朝、寅の刻くらいに後夜行という作法を自宅やお寺で修法して、

明るくなってからお葬式、これを日中行と言い、

この三つでワンセット。


お通夜は、夜が明けるまでひと晩中のことですが、僕らが拝むのはその中のほんの一部。

夜通しは拝まないので半通夜とも言います。

お通夜は、故人が寂しくないように傍にいる晩です。乳児や病人を安心させるのと同じかな。

最近は会場の都合などで、お線香を絶やさずにひと晩中起きていることはしなくなりましたが、

故人と遺族が眠れぬ夜にならないよう、

拝むという役割があります。




普段の生活でも、

眠れない、という相談が時々あります。

食養で考えると、

夕食に陽性なものを食べて副交感神経を刺激すれば、

内臓が温まり、夜にその温度が低下すると、安らかに眠ることができます。

朝は陰性なものを食べて交感神経を刺激すれば、活発に動くことができる。


僕は、

眠れない夜は本を読んだり、真言を唱えます。


それから、

もしタイガースが優勝したら、

もし大金持ちになったら、

もし電車の運転手になれたら、

などと実現が難しそうなことを想像していると

いつの間にか眠ってしまう。

PR


[ 2016/09/09 12:40 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 人に固有の性質は無い  |  ホーム  |  うちへ帰ろう >>