忍者ブログ


瞑想と内臓の関係
仏菩薩の本誓、印、陀羅尼の功力で、

地獄の苦から脱する

という破地獄の作法は、葬儀などでも修法されますが、

『三種悉地軌』、『破地獄軌』、『破地獄陀羅尼軌』

などに詳細が説かれています。

これらは道教的な要素があるため、中国撰述の偽経と考えられ、

お大師さんが入唐した頃にはまだ無かったようです。

だから、新しいお経。

でも、

書かれている真言は、現在の開眼作法などでも使われています。


この中に、

真言、五臓、五味、五色、五大(地水火風空)などの関係が見られます。

五行説ですね。


覚鑁さんの『秘釈』では、

そのあたりを五臓三摩地観として詳説されています。

例えば、

鑁 辛味多く肺に入って肝を増し、肺を損す。肺を心に止めば、癲病差(い)える。

藍 苦味多く心に入れば心を増し肺を損ず。心を腎に止めば、心病いゆ

など。

そして、

「一字五臓にいれば万病万悩すなわち不生を得」

とある。
 

元々、

陰陽五行説の中に、内臓と心の関係は説明されています。

例えば、
 
肝臓には酸味が滋養になり、

酸味はたんぱく質と脂肪を溶かすもので、

それが多ければ肝臓が傷み、

肝臓が主る怒りが増進する。

肝臓が健勝なら怒りが消え、忍耐力が高まる

というようなこと。


このあたりは、

拙著『望診法講義録 手相編』に詳しい。



破地獄や『秘釈』では、

五味五臓五感の関係だけではなく、

五字五大の瞑想により、内臓が影響を受ける、とするのがおもしろいですが、

これは五字厳身観や字輪観という、

現在でも修されている作法につながっています。



お大師さんが清涼殿で、

即身成仏を現証したのは、この五臓三摩地観である、

と『秘釈』には書かれています。



PR


[ 2018/02/24 07:48 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< もしも、あなたが  |  ホーム  |  心から身体へ >>