忍者ブログ


神仏と自信

大阪箕面のHさん宅で、毎月精進料理と望診法の勉強会を開いています。

先日は、


雑穀とフノリのごはん
けんちん汁
野菜のグルテンバーグ
鉄火味噌
フルーツ盛り込み
トースト


さて、


自信があれば、

不安迷いが無くなり、いざという時も安心

何でも他人に任せることができる

困難に打ち克ち、いつも堂々としていられる

失敗を恐れる必要がなく、何でも受け入れられ、許せる、諦められる。


対して、自信が無ければ、

心配事や不安が大きく、

人とつるむようになり、うわさにまみれ事実が見えない

つるむと恥を知らなくなる

不安があるから他人を攻撃する、文句や不平不満を言う。


自信は、

肝臓と腎臓を丈夫にすれば身につきます。

また、どんなことでも、繰り返し練習することで身につきます。

勉強して実践する。

実践だけで勉強による理論的裏付けがないと、自分の体験のみを真実と錯覚し、妄想を妄想と気がつかないので危険。

勉強だけだと、頭でっかちになって、できないことをできると錯覚するので危険。

だから、勉強と実践は両輪の如く必要。


それでも自身が持てない時は

神仏におまかせすればいい。

仏さまにおかませすれば安心。

それには、心に混じり気が無くなるよう祈ればいい。


______________________________


※「食養精進料理・望診法講座のお知らせ」
http://shintenan.syoyu.net/%E7%B1%B3%E3%81%9E%E3%81%86%E3%81%AE%E5%AE%B6/%E9%A3%9F%E9%A4%8A%E6%89%8B%E5%BD%93%E6%B3%95%E3%83%BB%E6%9C%9B%E8%A8%BA%E6%B3%95%E8%AC%9B%E5%BA%A7


 


 

PR


[ 2015/05/22 09:51 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 秘伝  |  ホーム  |  勝手に拝む >>