忍者ブログ


秘密
まだよく揺れておりますが、

備えておくと役に立つものは、

・車のガソリンは満タンに。

・灯油もなるべく備蓄。

・発電機、充電器のチェック

・車のシガーソケットから100ボルト電源が取れるインバーター

・ヘッドランプ式の懐中電灯

・お風呂に水を。

・お粥のレトルトパック

・炒り玄米、乾燥ワカメ、味噌、醤油

・現金

・安否確認の電話・メールはなるべく遠方の親類友人に。

・・・・・・・


さて、

人生でもっとも大事なものは希望ですが、とても困難なことに出会うと、希望を持てるようになるまでに少し時間がかかります。

その間は秘密の食べ物が役に立ちます。


1、ごぼうの秘密

ささがきごぼう(水にさらさない、皮をむかない)と細切りの油揚げを炒め、香りが良くなったら昆布出汁を入れて煮ます。

ゴボウから出るアクは陰性なので、強火で煮込んで陽性にすれば、そのアクは気化します。その時に甘味が出ます。

良い具合になったら火を止めて味噌を溶き、お椀によそい、刻みねぎを散らします。

これはお腹が温まるので不安が無くなります。



2、ネギの秘密

昆布だしに3センチ長さに筒切りしたネギを入れて、沸騰しないように煮てから火を止めて味噌を溶きます。

大きく切った長ネギは噛まないと呑み込めないので、その咀嚼によって心が安定します。

陰性なネギを噛むのが効果的です。玄米などの陽性なもの噛むと、陽性過多になります。



3、すりおろす秘密

植物は細胞壁がありますが、すりおろすことでそれが破れ、消化酵素が効果的に吸収されます。

酵素が多いと小腸が安定し、脳も安定します。



4、クエン酸の秘密

乳酸などの疲労を呼ぶ物質や酸化した身体を中和するクエン酸は、梅干しやかんきつ類に多く含まれますが、陽性な梅干しに陰性なスダチ・レモンなどを絞れば中庸になり、精神の安定に役立ちます。

大根おろしと梅干しの組み合わせでも、陰陽は調います。

ただし、梅干しは無添加に限ります。


5、おでんの秘密

寒くて乾燥する冬には、陽性な水分があるおでんが最適です。


6、お新香の秘密

火を通さないために消化酵素が多い、塩気と圧力という陽性がある、強いアルカリ性である、などの理由で、特に冬の食卓にあれば腸と脳の安定によろしい。


7、お餅の秘密

お餅はうるち米よりたんぱく質が多いので陰性です。

また、蒸す、搗く、焼くなどの陽性な力を加えてから食べるものです。

ですから、寒い冬に適当な食べ物となります。

陽性な人が冬に食べるにはとてもよろしい。魚を多く食べる日本人が冬に食べるのも、とてもよろしい。


ちなみに、おねしょにもお餅。

膀胱が収縮する夜中から朝におねしょをして、寝ている間はぐっすりと寝て目が覚めない。昼間は元気。

このような子は陽性なので陰性なお餅を食べると改善します。

わかめ、大根、油揚げ、昆布だしの味噌汁に玄米もちを入れる。

または、寝る前に焼いた餅を、醤油などの塩気無しでそのまま食べるのが良いでしょう。


寝入りばなや昼間におしっこをもらして、顔が青白いなら陰性です。

黒焼き、炒り玄米 がよろしい。

陰陽どちらも干葉の腰湯、生姜湯のお風呂に入ります。


腎臓膀胱系は怖れに弱いので、絶対的な安心感があれば改善します。

慈悲深くいつも心優しくし、

子どもには抱擁と微笑みで
PR


[ 2012/12/10 07:03 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< ちょっとした話  |  ホーム  |  地獄から極楽へ行く方法 >>