忍者ブログ


良し悪し
この時期の健康相談で多いのが、腎・膀胱系の不調。

夏に冷やしすぎて、かつ陽性過剰で腎臓膀胱が締まりすぎているのでしょうね。

腎臓は中胚葉由来ですが、
http://plaza.umin.ac.jp/~web-hist/hassei.html

もっとも陽性な力なので身体の下部へ届き、腎臓を作り、両足を作る。

足が二本あるのはこの理由からです。

これは肺と手の関係も同じ。

ですから、
 
腎系が疲れている時は足も不調になりがちなので、

温めたり運動したりマッサージで、柔らかくするとよろしい。


腎・膀胱系は根菜と酸味が滋養になりますが、

陽性が強い魚の出汁を控え、野菜を炒めた具の味噌汁が良い。


秋が深くなると、肺・大腸経の不調が見られるようになりますが、

ちょうどその時期に、肺・大腸の滋養となる大根レンコンが旬になります。


季節の変わり目に多いのが、何だか不思議な相談。

何かが乗り移ったり乗り移られたり。

幻覚は脂肪の、幻聴はタンパク質の過剰。


脳の判断力が良くないのは、

穀物とビンタミンB類の不足。

添加物と陽性なものの過剰。

ビタミンBは水溶性なので陰性です。

その他、

睡眠不足や運動不足も脳の働きを低下させますが、

脳は考えれば良くなり、考えないと悪くなります。

身体の筋肉は使いすぎると壊れることがありますが、

脳は分業制なので、いろいろなところを少しづつ、分けて使い続ければ、どんどん頭は良くなる。 

腎臓系が疲れると恐れに弱くなり、クヨクヨしたり、マイナス思考になります。

これが、最も脳によろしくない。





PR


[ 2016/10/16 09:04 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 芸術のあとは居酒屋のヌキで  |  ホーム  |  カード雑談 >>