忍者ブログ


被災地巡拝
朝6時に出発し、190キロあまり走って福島県楢葉町へ。

現在、避難指示解除準備区域ですが、国道6号線は開通しています。


JR常磐線はこの町の竜田駅まで。その先は未開通。



福島第一原発からは半径20キロ圏内。

竜田駅にある線量計では1時間あたり0.2μ㏜

郡山でもコンクリートのある所ではそれくらい。

常磐高速道・広野インターで下りましたが、その先の富岡インタ―付近では2μ㏜と表示が出ていました。

僕らが住んでいた郡山の事故後すぐが1μ㏜程度だった。


除染できれいになった庭が続く。でも、山林は手入れが行き届かないところもあります。ましてや岸壁は壊れたまま。


その海辺で読経。




国道6号線は、第一・第二原発作業員送迎の車やトラックなど交通量は多く、コンビニはお弁当が山のように積まれて、お客も大勢。

南下して、いわき市久ノ浜と四倉の海で読経。

最近になってようやく、海に向かって拝んでも怖くなくなった。


帰りは船橋の家へ帰る途中、霞ヶ浦湖畔阿見町の「予科練平和祈念館」へ。
http://www.town.ami.ibaraki.jp/yokaren/index.html

ここがとても良かった。


PR


[ 2014/09/19 10:16 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< 合掌してみる。  |  ホーム  |  控室寸景 >>