忍者ブログ


観音さまはどこにいるのか。
『般若心経』は

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時

照見五蘊皆空 度一切苦厄

・・・

と始まります。


観音さまが、さとりの智慧を完成させるための瞑想修行をしている時、

・形あるもの(身体)  ⇒変化するもの⇒壊れるもの

・感覚(見る、聞くなど)⇒変化するもの⇒壊れるもの

・表象(知ること)   ⇒変化するもの⇒壊れるもの

・意志(行動力など)  ⇒変化するもの⇒壊れるもの

・認識すること     ⇒変化するもの⇒壊れるもの

の五つが空(くう)であると理解した。

その瞬間、あらゆる苦しみが消えた。

ということです。


ものすごく端折って乱暴に言えば、


形あるものに対しても、精神作用に対しても

こだわらないで

比べないで

諦めれば

あらゆる苦しみが無くなりますよ

ということ。


僕らは時間でさえ固定することはできない。どんどん進んでしまう。

ましてや自分や自分の感情や何もかも、固定的なものなど何も無いのだから。



観音さまは多くの人から観られ、多くの人を観て、その人たちを救うために修行をしています。

他の仏菩薩も同じですが、

観音さまという人格は、どこか遠いところにいるのではなく、全ての人に具わっています。


執着を捨てて衆生の中に生きようとする時

お先にどうぞ、と自分を後にする時

ざまあみろ、ではなく、気の毒だなあ、と思う時

あなたのために、と足を踏み出す時

その観音さまが自心に現われて、自他ともに光り輝きます。



般若心経はポピュラーなお経でとても短い。

写経用紙も文具店やネットで手軽に買うことができます。


写経は素晴らしい修行です。


大晦日には心静かに写経をして、お経の最後に願いごとを書き、

新年初詣に所縁の寺社に奉納して祈願しましょう。

とてもよい年になります。

PR


[ 2013/12/14 17:15 | Comments(0) | 米ぞうの家 ]

コメントを投稿する






<< お雑煮  |  ホーム  |  迷い多きに悟り多し >>